ソフトバンクのポケットwifi

こんな方におすすめの記事です

  • ソフトバンクのポケットwifiを検討している方
  • 通信制限のないポケットwifiを探している方
  • ソフトバンクユーザーにとってお得なポケットwifiを知りたい方

 

ソフトバンクのポケットwifiとは

ソフトバンクは、Pocket WiFi 601HWという端末で、ポケットwifiサービスを展開しています。
ソフトバンクのポケットwifiには、2種類のプランがあります。

 

  1. Wi-Fiルータープラン
  2. 4G/LTEデータし放題

 

Wi-Fiルータープラン

 

「現在ソフトバンクのスマートフォンを利用している方は、月額1,900円をプラスすれば、Wi-Fiルーター(ポケットwifi)を持つことができますよ」
というプランです。

 

たった月額1,900円というと超激安に見えますが、この1,900円ではルーターを持つことができるだけで、ギガ数は増えません。今使っているスマートフォンの契約ギガ数内でデータ通信できる端末として、ルーターが増えるだけです。つまり、契約ギガ数を、スマートフォンとルーターでシェアするという形です。

 

ソフトバンクスマートフォンのデータ通信量の料金プラン

データ定額プラン 月額料金
データ定額ミニ 1GB 2,900円
データ定額ミニ 2GB 3,500円
データ定額 5GB 5,000円
ギガモンスター 20GB 6,000円
ウルトラギガモンスター 50GB 7,000円

たとえば、スマートフォンで「データ定額5GB」を契約している場合、5GBのギガ数に対して毎月5,000円を払っているわけですが、Wi-Fiルータープランに加入してポケットwifiも併用する場合、この「5GB」をスマートフォンとポケットwifiで分ける(シェアする)ということです。

 

もちろん5GBでは足りない人がほとんどだと思いますから、実際にはウルトラギガモンスター50GB等にアップグレードする必要があります。

 

その場合には、今の月額料金5,000円が7,000円になり、2,000円上がってしまいます。

 

つまり、Wi-Fiルータープランで、今より大きなデータ通信量を確保するには、

 

Wi-Fiルーター(月額1,900円)+通信料増加分月額2,000円
=月額3,900円

 

ということになります。

4G/LTEデータし放題

新規でソフトバンクのポケットwifiを利用する方向けのプランです。
ソフトバンクの4G/LTE回線を利用したポケットwifiサービスを、月額3,696円で利用することができます。

 

しかし、「データし放題」という名前がついていながら、実際には月間のデータ通信量は7GBまでしか使えません。つまり、無制限ではないということです。

 

Wi-Fiルータープランも4G/LTEデータし放題も、無制限ではないので、通信速度制限がかかる可能性があります。

 

※もし契約データ通信量を超えて通信速度制限がかかったら
契約データ通信量を超えると、通信速度が128Kbpsと遅くなります。
128Kbpsは、たとえばWEBサイトを開くのに数十分かかるほどの速度ですから、事実上使い物になりません。

 

※通信速度制限を解除する方法
何もしなければ、月末まで制限された状態が続き、新しい月になって自動的に解除されます。
「そこまで待てない」場合は、追加データ容量を購入すれば、通信制限が解除されます。
追加データ容量は、
0.5GB : 500円
1GB : 1,000円
となっています。

 

無制限に使えるソフトバンク回線のポケットwifiのレンタルサービス

ここまでお話ししてきたとおり、ソフトバンクには無制限に使えるポケットwifiはありません。

 

しかし、ソフトバンクの回線を使ったポケットwifiのレンタルサービスを行っている会社はいくつかあります。

 

  1. STAR wifi
  2. Space wifi
  3. Spacee wifi

 

似たような名前ですが、どれもがソフトバンクの4G/LTE回線を使ったポケットwifiのレンタルサービスです。

 

STAR WiFi

愛知県の北名古屋市にある株式会社ツボスタが運営しているポケットwifiのレンタルサービスです。

 

月額料金3,680円
契約事務手数料2,980円
端末新規登録料4,980円
端末602HW
通信速度制限基本的になし(無制限*)
利用回線ソフトバンク4G/LTE
利用可能エリア全国

 

公式サイトには「データ通信の日にち制限なし!!3日間制限もなし!!」とあり、基本的には通信速度制限はありませんが、短期間のあいだに膨大な量のデータ通信があった場合は、STAR WiFiではなく、回線運営元のソフトバンクが制限をかけます。

 

「短期間のあいだに膨大な量」は、具体的な数値が公表されていませんが、次にご紹介するSPACE wifiやSpacee Wi-Fiの通信速度制限から推測すると、1日3GB〜4GBというのが目安になるのではないでしょうか。

 

SPACE wifi

東京都渋谷区にある株式会社スペースエージェント(2015年設立)が運営しているポケットwifiのレンタルサービスです。

 

SPACE wifiは、AirB and Bなどの民泊用のwifiサービスですが、民泊目的ではなくても、個人で契約することができます。

 

月額料金3,480円
契約事務手数料0円
端末代金0円
端末Mobile Wi-Fi E5383s(ソフトバンク)
またはSpeed Wi-Fi NEXT W04(WiMAX)
通信速度制限ソフトバンク:1日3GBで当日制限
WiMAX:3日10GBで6時間制限
利用回線ソフトバンク4G/LTE, WiMAX
利用可能エリア全国

 

契約事務手数料も端末代金も無料というのが、他のサービスよりも優れた点です。

 

端末は、ソフトバンクかWiMAXかのどちらかになりますが、契約時にユーザー側で選ぶことはできません。

 

月間のデータ通信量による通信速度制限はありませんが、1日3GB(ソフトバンク)・3日10GB(WiMAX)を超えると、通信速度が制限されます。
WiMAXの場合は、通信制限がかかっても約1Mbps程度は出るので、利用にはほとんど支障はありませんが、ソフトバンクの場合は、100Kbps以下の速度になってしまうため、ほとんどまともには使えなくなります。しかし、通信制限の解除は、月が替わるのを待つ必要はなく、翌日には自動的に解除されます。

 

Spacee Wi-Fi

東京都港区にある株式会社スペイシーが運営しているポケットwifiのレンタルサービスです。
株式会社スペイシーは、会議室のシェアサービスを本業としている会社で、ポケットwifiのレンタル事業は、それの付帯的なサービスといった位置づけのようです。

 

月額料金3,680円
契約事務手数料2,620円
端末代金0円
端末公表なし(ソフトバンクまたはワイモバイルの機種)
通信速度制限1日4GB
利用回線ソフトバンク4G/LTE
利用可能エリア全国

 

厳密には「無制限」ではありませんが、1日4GBまで使えるので、1か月に120GBまで使うことができます。

 

利用するには、まずスペイシーが運営している貸し会議室・レンタルスペースサービスの会員が必要です。

ソフトバンクエアーも無制限

据え置き型ではありますが、ソフトバンク回線のデータ端末として、ポケットwifi同様、その場所をWiFi環境にするという意味では、「ソフトバンクエアー」も検討対象になるという方もいるでしょう。

 

いわゆるポケットwifiのように持ち歩くわけにはいきませんが、設置工事不要、ただコンセントにつなぐだけで、パソコンやタブレット・スマートフォンをインターネットに接続することができます。

 

ソフトバンクエアーの月額料金

 

基本料金4,880円
これに「はじめよう SoftBank Air割」が適用になり、実質月額料金は以下のようになります。

 

ルーターを分割払いで購入する場合
ソフトバンクユーザー 4,300円から「おうち光セット割引」
非ソフトバンクユーザー 3,800円

 

ルーターをレンタルする場合
ソフトバンクユーザー 4,790円から「おうち光セット割引」
非ソフトバンクユーザー 4,290円
おうち光セット割 割引額
現在利用しているスマートフォンのデータプランが、
データ定額50GBの場合・・・1,080円
データ定額5GB、20GBの場合・・・1,522円(3年目以降1,008円)
データ定額ミニ2GB、1GBの場合・・500円

 

たとえば、スマートフォンのデータプランが「データ定額1GB」の場合、ルーターをレンタルするなら、月額料金は、
4,790円 − 500円 = 4,290円
ということになります。

 

※スマートフォンのデータ通信も、家ではソフトバンクエアーのWiFiを使うことを考えれば、データプランは、一番安い「データ定額ミニ2GB」や「データ定額ミニ1GB」を選ぶことになるはずです。

 

 

あまりおすすめではない理由

料金的にはそこそこですが、実はソフトバンクエアーはあまりおすすめではありません。

 

「家でしか使えない」ということもその理由のひとつですが、何といっても最大の理由は、「通信速度についての評判が悪い」ことです。

 

下り最大速度は261Mbpsで、たとえばポケットwifiの代表選手であるWiMAXの速度(708Mbps)と比べると見劣りがします。

 

しかし、実際にはこの差以上に、ソフトバンクエアーの速度の遅さを指摘する口コミ・評判が多いのです。

 

私の周りの知人でも数人いますし、twitterなどネットでの口コミを見ると、「速度が遅い」という投稿はかなりよく見かけます。

 

もちろん、匿名の投稿ですから、100%完全に信じるというわけにはいきませんが、他のサービスと比べて異常なほど多いのも確かです。

 

通信制限

ソフトバンクエアーは、基本的には、データ通信量による通信速度制限はなく、使い放題使えることになっています。
ただし、

  • 夜間など利用が集中する時間帯
  • 音声通話やテレビ電話、動画閲覧
  • 特定のエリアで高負荷になった場合
  • 特定のユーザーが高負荷の原因であると考えられる場合

などで、サービス安定提供に伴う速度制限を行う場合があると、公式サイトにも記載があります。
https://www.softbank.jp/ybb/air/data-about/

 

光固定回線と同じレベルの「無制限」ではなく、ポケットwifiと同じ程度には速度制限がかかる可能性があると考えておくほうが無難だと思います。

まとめ

ソフトバンクのポケットwifiは、「無制限」プランはありません。

 

何かの理由でソフトバンク回線にこだわる場合は、ソフトバンク回線を使ったポケットwifiのレンタルサービスの利用が現実的です。
しかし、どれもがポケットwifiの代表選手であるWiMAX、しかも業界最安級BroadWiMAXと比べると、月額料金は少し高めになってしまいます。

 

もし、持ち運びをしないということであれば、ソフトバンクエアーの利用も選択肢のひとつとはなりますが、「通信速度が遅い」「月額料金は安くはない」という理由で、おすすめとはいえません。

 

ソフトバンクユーザーであっても非ユーザーであっても、やはり一番のおすすめは通信速度が速くて業界最安級のBroadWiMAXです。

TOPへ